押印なくても受付け 労災請求見直しへ通達 厚労省

厚生労働省はこのほど、都道府県労働局の労災補償課長あてに「労災保険における請求書等に
係る押印等の見直し」について通達した。押印がなくても、請求人などの記名があれば受付ける
こととして差支えないとしている。
令和2年7月に閣議決定した「規制改革実施計画」を踏まえ、国民や事業者に対して、押印など
を求めている手続きについて、不要とする改正を行った。


一覧に戻る