令和3年春卒業予定の大学生の就職内定率69.8% 前年同期比7.0ポイント低下

厚生労働省及び文部科学省から「令和2年度 大学等卒業予定者の就職内定状況(10月1日現在)」が
公表されました。
令和2年度(10月1日現在)の就職内定率の概要は次のとおりです。
・大学(学部)は69.8%(前年同期比7.0ポイント低下)
・短期大学は27.1%(同13.5ポイント低下)
・大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では67.1%(同7.1ポイント低下)
・大学等に専修学校(専門課程)を含めると64.8%(同7.9ポイント低下)
令和3年春卒業予定の大学生の就職内定率が、令和2年10月1日時点で、69.8%となっています。
同時期の内定率が70%を下回るのは5年ぶり。前年同期からの下げ幅は7.0ポイントでリーマン
ショック以来の大きさということです。新型コロナウイルスの感染拡大で、企業の間に採用を
抑制・中止する動きが広がったのが要因と分析されています。


一覧に戻る