2021年3月1日から障害者の法定雇用率が2.3%に引き上げられます

障害に関係なく、希望や能力に応じて、誰もが職業を通じた社会参加のできる「共生社会」
実現の理念の下、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務が
あります(障害者雇用率制度)。

現在、民間企業の法定雇用率は2.2%となっており、従業員を45.5人以上雇用している事業主は、
障害者を1人以上雇用することが義務付けられています。この法定雇用率について、
2021年3月1日から2.3%に引き上げられることとなり、対象となる事業主の範囲が43.5人以上に
広がります。従業員43.5人以上45.5人未満の事業主の皆さまは特に注意が必要になります。


一覧に戻る