高齢者 課題は公正な処遇と評価 差が付く賃金制度へ

雇用保険の高年齢雇用継続給付について、給付率を大幅に引き下げる方針が示された。
65歳までの雇用確保がほぼ達成されている現状に鑑み、同給付の役割を見直す必要性が
指摘されていた。
今後企業側では、給付率縮小を踏まえた人事賃金制度の見直しが課題となる。
高年齢者の会社貢献度を「公正に再評価」する仕組みの整備を急ぐ必要がある。


一覧に戻る