パワハラ相談 最多8万件

厚生労働省が発表した2018年度の「個別労働紛争解決制度」の利用状況によると、パワー
ハラスメントなどの「いじめ・嫌がらせ」の相談が8万2,794件と全体の25.6%を占め、
過去最多を更新した。
ほかの相談内容では「自己都合退職」が4万1,258件、「解雇」が3万2,614件と多かった。


一覧に戻る