特定技能外国人・監督指導を強化へ<厚労省>

厚生労働省は、4月1日に施行する改正出入国管理法に対応するため、事業場に対する
監督指導などの充実・強化に取り組む構えである。
特定技能の在留資格で入国した外国人を雇用した事業場に対する重点的な監督指導を
展開するほか、外国人の労働災害防止対策の実施、都道府県労働局などによる外国人
向け相談態勢の整備を図る。
不法就労対策では、法務省が把握する情報と厚労省の外国人雇用状況届の情報が一致
しないケースなどを重点対象として在留・雇用管理の徹底をめざす。


一覧に戻る