企業のパワハラ防止を義務化

 厚生労働省は、労働政策審議会に職場のパワーハラスメント防止を法律で義務づける報告
書を示し、了承された。
2019年の通常国会に法案を提出する。法律ではパワハラを「優越的な関係に基づき、業務の
適正な範囲を越えて、身体・肉体的苦痛を与えること」と定義し、防止策に取り組むことを
企業に義務づける。労働施策総合推進法を改正して盛り込む方針。


一覧に戻る