過重労働の定義に深夜勤務など追加 過労死防止法へ意見

厚生労働省の「過労死等防止対策推進協議会」で、専門家委員と当事者代表委員の7人は、
過労死等防止対策推進法の改正に関する意見書を提出した。
法の趣旨を示した第1条に「過重労働の解消」を盛り込むことや、第2条に過重労働の定
義を新たに設けて、長時間労働とともに「深夜交替制勤務」「精神的緊張のもとにおける
労働」などの例を加えることを求めた。


一覧に戻る