長時間労働の是正へ「特別チーム」 厚労省、全国に設置

 厚生労働省は2018年度から、違法な長時間労働の監督や労働法制の啓発などを行う
「特別チーム」を全国のすべての労働基準監督署に新設する。政府は今国会で、時間外労働の
罰則付き上限規制を柱とする働き方改革関連法案の成立を目指しており、現場での監督指導を
強化して長時間労働の是正策の実効性を高めるねらいがある。
24日の衆院本会議で、加藤勝信厚労相が立憲民主党の枝野幸男代表の代表質問への答弁で
明らかにした。

 全国に321カ所あるすべての労基署に特別チームを設け、違法な長時間労働が疑われる
企業への監督指導、労働法制の知識が不十分な中小企業などへの啓発活動に取り組むことを
想定している。


一覧に戻る