4月入社対象の採用選考活動実施企業が初の98%超

2017年4月入社対象の採用選考活動を実施した企業の割合は98.9%となり、調査開始以来初めて98%台を超えたことが、日本経団連がこのほど発表した「2017年度新卒採用に関するアンケート調査」結果(有効回答数553社)で分かった。2018年4月入社対象(実施予定を含む)も98.4%と高水準が続いている。この背景には、日本経済の制約要因になりつつある人材不足にあることは言うまでもない。
 採用計画の達成状況は、2018年4月入社対象について、「計画通り」(56.9%)が5割半ばを占めたものの、「計画に届かない」(30.7%)が前年に比べて6.2ポイント増加しており、採用難の影響が一定程度見られる。新卒採用市場に関する評価は、「前年より売り手市場(学生側が有利)」が85.4%となり、昨年(2017年入社対象の86.4%)に引き続き2年連続で8割以上となった。
 2018年4月入社対象の選考に当たって特に重視した点(5つ選択)については、「コミュニケーション能力」(82.0%)が15年連続で第1位、次いで、「主体性」(60.7%)が9年連続で第2位となった。第3位の「チャレンジ精神」(51.7%)は、2016年入社対象について第4位に順位を下げたものの、2017年入社対象以降、再び第3位となった。以下、「協調性」(47.0%)、「誠実性」(44.2%)などが続く。


一覧に戻る